修理歴ありでも大丈夫?車査定の大事なポイントとは

修理歴ありでも車査定は大丈夫か心配になりますよね?

 

「修理歴あり」とは、中古車業界では、普通とは異なる
解釈があるので注意が必要です。

 

「修理歴あり」とは、車の以下の骨格のパーツを修理・交換した車のことを言います。

 

<修理歴あり と判断される車のパーツ>
フレーム、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネル

 

で、修理歴があっても、車の査定額が下がるか?査定してくれるか?ということですが・・

 

現在の中古車買い取りでは、車検の時期や修理歴の有無や数については、あまり心配しなくてよいです。

 

もちろん大事故を起こした経緯がある車となると、買い取ってくれないということは無くても、
査定額が少なくなるというケースはやはり多いです。

 

査定の時に店員が車検の時期や修理歴の有無なども含めて、
細かく車両のチェックは行います。

 

中古車の査定を依頼する際にあらかじめ、自分の中でも車の情報についてはある程度把握をしておく必要はあります。

 

最近では、インターネット上で自動車一括査定を行うことができるようにはなっていますが、
その時点で、割と細かい情報を入力していくこととなります。

 

型式はもちろん、車検の時期、修理歴、走行距離、年式などです。

 

車検の時期や年式は、おそらくほとんどのドライバーは把握できていると思われます。

 

走行距離もメーターで確認がすぐできます。

 

ただ型式、修理歴というのは、車検証やメンテナンスノートなどとも言われる、
車検証と同じように保管している帳簿の中を見ないと確認ができないものとなっています。

 

ちなみに、型式というのは車の名称ではなく、
アルファベットと数字が並んでいる物で構成されています。

 

ネットで査定を依頼する際は、車検証を手元に準備しておくようにします。

 

ある程度、自分の車の情報を頭に入れておくことで、査定依頼をしやすいですし、
どのような店舗に依頼した方がいいのかが大体検討が付きますので、
無駄な労力を削減することができます。

 

ちなみに、修理歴ありでも、ないように偽装するようにすると、
査定員はかなりの確率で、見破れれるので、最初から正直に話したほうがいいです(苦笑)

 

査定員は、何百台という車を見ているので、修理箇所や事故車は、
ほぼ見極められます。

 

修理歴ありの車の査定は、査定業者に一括査定をすると、
割りと高い値段が付くことが多いです。

 

無料で自宅まで来て、査定してくれるので、
忙しくて面倒でも、すぐに査定してくれるので楽でいいです^^

 

もし、修理歴ありの車の査定をためらっているなら、
無料査定サービスを利用してみてください。

 

結果的に売らないという選択もできるので、
車の価値が下がる前に、早めに査定をしてもらうといいですね。

 

↓今スグ見積もりするならコチラに入力↓