車の傷は買取にどれくらい影響?出来るだけ高く売る方法とは?

車の傷 買取

 

車の傷は買取時にどれくらい影響があるでしょうか?

 

まず、最低でも1cm以内の小さいキズは、
基本的には査定金額からは引かれないです。

 

ボディーカラーによっては、目立つ位置・目立つ傷である場合は、
多少金額に差が出てくるかもしれませんが、大した額でないと思われます。

 

傷がある車の査定では、「修理車」かどうかで査定額が大きく変わります。

 

修理歴車とは、事故・災害などで車に損傷があり、修理をしている車で
現在の傷を修理がどれくらいの費用になるのか?ということですね。

 

ポイントは、車の傷の場所になります。

 

走るのに影響のない部分を交換するのであれば、それほど価格は
変わらないです。

 

具体的には、ボディの外側のパーツで、フロントフェンダー、バンパーなどの
傷はそれほど買取額に影響しません。

 

ボディ外側のパーツは、交換可能な前提になっているので、
交換すればいい、という割り切りになっているんですね。

 

一方、車の骨格・ボディに関する部分の傷は、「車の本体」ですので、
少し話が変わってきます。

 

車のボディ、フレーム、トランクフロア、クロスメンバーといった部品に
傷・へこみがあると、車の骨格に影響があるので、査定額は下がる傾向になってしまいます。

 

では、傷のある車を査定するときに、一番高い査定にするには?

 

ということですが、答えは「なにもしないで、査定してらもう」ことです。

 

一番マズイのは、査定する前に、自分で傷を修理しようとしたり、
安く修理できる業者がいるので傷を修理してもらうことです。

 

というのも、傷を修理するのにかかる費用は、個人よりも、
中古車査定会社のほうでやった場合のほうが断然安いのです。

 

中古車会社には、専門の修理するを担当する部門があり、
非常に安い費用で、修理できるんですね。

 

個人が修理すると、修理の原価に利益が乗ってしまうので、
どうしても高く付いていしまいます。

 

そのため、あなたの車を修理した費用よりも、格段に安い値段で
修理されるため、あなたが修理する必要はないんですね。

 

あたなが修理した場合、査定が少し良くなっても、
トータルで見ると、傷の修理代+買取額を考えると、
傷の修理代が高く付いてしまい、結局、あなたの出費の方が大きくなってしまうのです。

 

そのため、傷があっても修理せずに、査定をしてもらうほうがお得です。

 

もし、傷のある車を高く査定してもらいたいと考えていられるなら、
傷はそのままにして、3,4社に査定してみてもらうといいですね。

 

査定したからといって必ず売らないといけなわけではありませんので、
早めに査定して、あなたの車の評価額を覧てもらってはいかがでしょうか?

 

 

↓↓今スグ見積もりするならコチラに入力↓↓