バンパーの傷の査定は?出来るだけ高く買取してもらうには

車のバンパーの傷

 

車のバンパーに傷があったら査定はどうなる?

 

バンパーはどうしても傷がつきやすいです。
車の買取の査定では、バンパーはどう評価されるか気になりますよね。

 

一般で修理すれば、
ドアのへこみの板金修理で5・6万円くらい、
バンパーの板金塗装で3万円くらいで、

査定会社ならそれより安くすむため、もっとマイナス額は減るかと思います。

 

ですので、バンパーに傷があっても査定は、
自分では修理せずにそのままにしたほうがいいです。

 

というのも、車買取の査定では、査定会社が買い取ったら、
一度、清掃し、修理箇所があれば修理をします。

 

その時は、ほとんどが自社の修理工場か、契約している修理工場で行うため、
費用は個人でやるよりも、かなり安く修理できるんですね。

 

ですので、もしあなたが車の修理のプロでなければ、
コンパウンドなどで無理にキレイにして、傷を隠すようにしないほうがいいです。

 

プロがキレイに仕上げたほうが、その後、中古車として販売するのに都合がいいんですね。

 

バンパー 傷の車
また、傷があったら「この部分が傷があります」と
はじめから正直に、査定員に申告したほうが、査定の印象がよくなります

 

印象がいいと、査定も若干良くなる傾向があります。
場合によっては、おまけしてくれることもあるかもしれません。

 

ですので、バンパーに傷があっても、そのまま査定を依頼してください。
そちらのほうが、結果的に高く売れることになります。

 

また、査定前には、洗車と掃除をしておくと、評価が高くなる傾向がありますので、キレイにしておいてくださいね。

 

↓↓今スグ見積もりするならコチラに入力↓↓

 

車のバンパーの傷の査定:よくある場合とは?

 

こすっただけの薄い傷

 

バンパーの塗装が剥げるまで行かずに、こすっただけの傷は軽傷です。

 

自分で傷を隠す修理をするなら、小傷用の細めのコンパウンドをつかって、磨きます。

 

傷が見えなくなるまで磨いたら、極薄用のコンパウンド→液体コンパウンドの順番に
傷をキレイに消していきます。

 

できたら、スポンジは、コンパウンドごとに変えて、磨いいていくのがコツです。

 

こすっただけなら、ある程度の傷は見えなくなりますが、
仕上げ方を失敗すると、汚くなるので注意が必要です。

 

塗装が剥げた傷

 

塗装が剥げて、ボディの表面色が見えるほどの傷です。

 

塗装が剥げてしまうと、コンパウンドでの傷隠しは難しく、
スプレーによる塗装が必要になります。

 

塗装は、経験者でないと汚くなるので、いじらないほうがいいです。

 

もし、塗装するなら、車種とカラーナンバーを調べます。
カラーナンバーは、車の型式表示プレートというものに記載されています。

 

型式表示プレートは、エンジンルームや、助手席のドアの当たり部(扉が閉まる部分)などに
プレートが張ってあり、車種、モデル、エンジン、フレームNO、カラーナンバーなどが記載されてます。

 

カラーナンバーは、「カラー」「COLOR」などと書かれていて、「47A」「1C0」といった
記号になっています。(メーカーなどによって場所や表現方法が違っています)

 

このカラーナンバーの色のスプレーを購入すれば、車のカラーと
同じカラーのスプレーが入手できます。

 

繰り返しになりますが、
バンパーの塗装が剥げた状態で査定をするならば、そのまま査定したほうが良いと思います。

 

引っかき傷、線の傷

 

バンパーの引っかき傷や線の傷は、サンドペーパーで傷を滑らかにして、光硬化パテで固める方法、
スプレーで塗る方法、タッチペンでキレイに傷を消す方法があります。

 

この種類のバンパーの傷も、自分で傷を消したり、修理しないほうがいいです。

 

バンパーの引っかき傷、線の傷は、表面に凹凸ができてしまっていて、
それを平らにして、カラーリングをキレイにする必要があります。

 

引っかき傷、線の傷は、完全に傷を隠すようにするには、素人では難しいです。

 

これも、車査定をするときには、下手にいじらずに、そのまま査定をしてもらったほうが、
結果的に高く売却できます。

 

バンパーに傷がある車を査定するときのポイントは、

 

  • ・バンパーの傷はそのままにする
  • ・洗車、清掃してキレイにしておく
  • ・査定時には、申告する

 

ことが高く車を買い取ってもらうポイントです。

 

 

傷のある車を高く売るテクニックの詳細はコチラ