車の査定でエアコンが故障していたら?自分で修理できる所は?

車のエアコン故障

 

車の査定でエアコンが故障していたら、査定額はどれくらい下がるでしょうか?

 

車のエアコンが故障している場合の多くは
意外と簡単な部品交換で直ってしまうことが多いです。

 

エアコン本体が故障していて、全部取り替える必要があることは
まれで、単純な故障であることがほとんどなんですね。

 

そのため、エアコンの故障で査定額が極端に下がることは少なく、
車査定士さんもその点は、分かっているので、簡単なチェックで査定額を
大きく下げられることはないでしょう。

 

エアコンは電気機器なので、自分で直すようなことは
避けて、プロにやってもらったほうがよいです。

 

万が一、さらに故障させてしまうと、査定額も下がってしまうので
注意が必要です。

 

ただし、エアコンの故障原因が分からないといって、
査定額を大きく下げられることは避けたいです。

 

ですので、エアコンの故障について、ある程度知識を持って
査定をすれば大大丈夫です。

 

エアコンの故障原因のほとんどは・・コレ!

 

エアコン故障の一番多い原因は「ヒューズ切れ」です。

 

車のエアコンのヒューズ切れが起きると、次のような状態になります。

 

  • エアコンの電気が入らない、
  • 風が出てこない
  • ブロアが回転しない
  • コンデンサーファンが回らない
  • 電源の入れなおしをすると、設定温度がリセットされる

 

車のエアコンのヒューズは、300−400円くらいのものなので、
交換も簡単です。

 

また、次に多い車のエアコンの故障として「ACインジゲーター」の故障です。
ACインジケーターが点滅したりすることで故障をしらせるエアコンもあります。

 

ACインジケーターは、電気回路の故障のため、
自分では修理せず、そのまま査定してもらいましょう。

 

車のエアコンの修理代金は、自分でやるより、
査定会社を通したほうが安く修理できるので、お任せしたほうがいいです。

 

最近の車のエアコンは、日本が暑くなっていることもあり、
熱帯地方の仕様と同じになっていて強力です。

 

車のエアコンの故障の大半は、電気回路が故障したものなので、
主に部品交換ですみます。

 

ですが、自分で修理するには、精密機器の取り扱いが必要なため、
修理業者のプロの方に任せたほうが安心です。

 

エアコンの故障は、その場でほとんどがチェックできるので、
車の査定時に、査定士さんに故障原因を聞いて、
査定額を減らされている理由をしっかり聞いてみてください。

 

詳しいことをしっていると査定士さんが思ったら、
大幅な減額を避ける事ができるかと思います。

 

車のエアコンが故障を査定するならコチラがお得です